2011年05月25日

ホームヘルパーのお仕事

少子高齢化と言われ、高齢の方々が多くなっている現状なので
介護士やヘルパーの需要が高くなっています。

ホームヘルパーとは、訪問介護員のことで
身体介護と生活援助の2つに分かれます。

身体介護は食事やお風呂などのサポートをし、
生活援助は家事や買い物などのお手伝いをします。

ホームヘルパーの資格を取得するには、養成研修を受けることで取得することが出来ます。

養成研修は自治体や介護関連の会社など様々な場所で行われており、
ほとんどの自治体は費用がテキスト代だけなどで格安で済みます。
介護関連の会社ですと、働きながら研修を受けることが出来ます。

また、すぐに現場で働きたい人は社会福祉法人や自治体で研修講座を受ければ、
研修修了後にそれらの団体や機関の正職員やパートとして、即働くことが出来ます。

3級は基礎や入門にあたるので、実際多く雇われるのは2級取得者からになります。

また、1級を取得するには2級を取得し、なおかつ1年以上の実務経験がないと
研修が受けられません。

ちなみに、通信講座もありますが通信制と通学制となっているところが多いので
あまり自宅から離れていると、通うのに大変だと思うので確認してみるといいかもしれないですね(^^)
posted by hana at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。